相続相談の相談相手

相続をすると相続税が発生して手続きや支払わなければならないお金が余分に発生してしまう、と思われている方が多いかと思います。ですが、実際に相続税が発生するのは相続する人たちの内、約4%ほどの人に市か関係が無いと言われています。相続税が発生するのは最低で3.600万を超える額の相続を行った時になるので、そんな大金を相続するという場面が中々無い、という事でしょう。また、それ以下の額の相続ですと相続税を支払う必要も申告する必要もないようです。

とは言えもしも急に相続を受ける立場になり、それが相続税の申告をしなくてはならないほどの金額であった場合、相続税の申告や役所での手続きなどを自分でやるというのは大変な事です。慣れない手続きをしなくてはなりませんし、仕事をしているのでしたら時間がいくらあっても足りません。誰かに相続相談しようにも周りに詳しい人が居るという事もそうある事でもありません。

ですので、多くの人がプロに相談しようと思いいたるのですが、相続税の相談は税理士にするべきなのか、弁護士にするべきなのか、司法書士にするべきなのか、信託銀行に頼むべきなのか、選択肢が多くあり初見の人ではよく分からないでしょう。ですので、このページでは相続税がもしも発生した場合に、どこに相談するのが良いか、相談先でどんなことが出来るのかについて説明します。相続税が発生するケースは前述の通りそうそうあることではないようですが、知識として知っておいていただければ幸いです。